Polaroid Photo

Pictures from テーラーメイド大辞典

テーラーメイド大辞典

ゴルフのドライバーと言えばテーラーメイド。テーラーメイドのアイアン他、料金についても解説します。

Choose a Topic:

14
2月 '12

有料老人ホームの返還金制度について

有料老人ホームに住み始めてから、まだ住んでいない分の家賃は返還されるのか?

入居一時金を選択し、めでたく新生活となったとしても何が起こるかわからないのが現実。

なんらかの理由で、入居一時金方式で入居した有料老人ホームを退去することになった場合、入居一時金は返還されないのでしょうか?

そんなことはありません。

あくまで入居一時金は家賃の前払いです。

そのため入居した年月の分は支払ってもらえませんが、それ以外は原則として返還されます。

ただ注意したいのが、入居した段階で返還されないお金があるということです。

施設側としては入居者を迎えるためにあらゆる準備をします。

そこで、施設側は契約時に頭取りをします。これを初期償却といいます。

例えば、入居一時金が500万、初期償却が20%の場合、500万×20%=100万円がはじめに頭取りされる金額(初期償却)となります。

なぜ償却というのか。それは、返還してもらえる期間が決まっているからです。

5~7年以内など施設によってその期間は異なります。

「まだ住んでいない分の家賃」ですから、すでに住んだ分に関しては返還されません。

具体的に考えてみましょう。

例えば、入居一時金500万、初期償却20%、償却期間が5年の有料老人ホームを償却期間内の退去する場合の返還金の算出についてです。

3年間住んだ場合の退去については、まず初期償却分を引いて500万-100万で400万です。

この400万を5年償却ですから3年分、つまり400万×3/5ということになります。

240万円分の利用をしている計算になります。

ですので、400万-240万¬=160万円が返還される費用となります。

一時金という言葉から「一時的に預けておくお金」と勘違いしないように気をつけましょう。

初期償却が低く、償却期間が長いほど戻ってくる金額は多くなります。

初期償却や償却期間はホームによって違いますので、契約前に必ず確認することが重要です。

PR
介護付有料老人ホームやグループホームなどの老人介護施設から高齢者住宅まで情報満載

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.