Polaroid Photo

Pictures from テーラーメイド大辞典

テーラーメイド大辞典

ゴルフのドライバーと言えばテーラーメイド。テーラーメイドのアイアン他、料金についても解説します。

Choose a Topic:

はじめてのゴルフ場

はじめてゴルフ場に訪れた場合の心得を書いていきます。

まず、競技に関するマナーです。
ゴルフはイギリス発祥の紳士のスポーツだけあって、競技者のマナーに対して多少うるさい面もあるかもしれません。
ボールを打つ際、他人の邪魔をしないように注意しましょう。

ボールを打ったら芝を修復し、またバンカーショットを打ったらボール跡やショット跡、足跡を修復しましょう。
そして事故にならないように注意します。
他人の近くでゴルフクラブを振らないように。

また、むやみにボールを打つ人の前に出て邪魔しないようにしてください。ごく当たり前の話です。

次に、競技自体のルールに関してです。ゴルフはホールに入るまでの打数を競う競技です。
この際空振りも1打に数えますから、空振りしないように注意しましょうね。

万が一、打球がコース外に飛んでしまったら(OB)、打った1打に加え、ペナルティの1打を追加(合計2打を追加)。そして、元の場所から打球を打ち直します。

打球がなくなってしまったら(ロストボール)で、OB同様のペナルティを受けます。
そして黄線の内側に入ってしまったら、OB同様のペナルティを受けるか、1打を追加後、ホールから見て黄線の後方にボールを動かします。
赤線の内側に入ってしまったら黄線同様の処置を取るか、1打を追加後、一番長いゴルフクラブ2つ分の範囲にボールを自由に動かせます。

しかし上記のルールはゴルフ場などにより異なってくることもあるようです。
テーラーメイドの用品を使用して楽しくゴルフをしましょう。

資格認定プロテストに関して

まず、資格認定プロテストと言っても、プロゴルファー資格は「レッスンプロ」「ツアープロ」の2種類に分かれており、レッスンプロ資格は、プロゴルファー資格というよりも、むしろインストラクター資格に近い存在です。
レッスンプロ資格は主にアマチュアを指導するための資格であって、レッスンプロになるにはPGA(男子)、LPGA(女子)が実施する「資格認定プロテスト」に合格する必要があります。

資格認定プロテストに合格するには実技試験に合格後、筆記試験に合格する必要があって、筆記試験に合格後特定の実習を受け、レッスンプロ資格が与えられます。

一方、ツアープロになるには、「クオリファイングトーナメント」を通過する必要があります。
レッスンプロの資格を持っていれば1次予選に参加することが可能です。

このクオリファイングトーナメントは、1次予選〜3次予選に全て合格して、はじめて最終選考「ファイナルQT」に進出できます。
ファイナルQTまで進む人は200人前後で、そのうち上位90人(同着90位でも可能)が合格です。

このように本当の意味のプロゴルファーは狭き門であって、プロゴルファーでもテーラーメイド製のゴルフクラブを利用しており、それだけテーラーメイド製は優れた商品と言えます。

|テーラーメイド・ゴルフクラブ 激安|GOLF GEAR LAND

 

ゴルフとは

ゴルフとは、世界120カ国以上で好んでプレーされている、世界で最も普及しているスポーツの一つです。
特にアメリカやカナダ、日本、ヨーロッパ、オーストラリア、南アフリカ、韓国などではプロ・アマ問わず盛んに行われています。

一般的にゴルフ場と呼ばれるゴルフをプレーするために設計された施設で行行いますが、必ずしもそのゴルフ場だけでプレーするわけではありません。通称:【打ちっぱなし】と呼ばれるゴルフ専用の練習場などでプレーすることもあります。
ルーツゴルフ

日本にゴルフが持ち込まれたのは、明治時代に神戸に住んでいたイギリス人が持ち込んだのが最初とされています。それ以降は、主に戦前の貴族や富裕層の間に広まり、戦後の高度成長期に何度かゴルフブームが沸き起こって広く一般の人々もプレーするようになりました。

現在のプレー人口は約950万人非常に多くなり、国民的スポーツと言っても過言ではないほどの広まりを見せています。

しかし、第一次ゴルフブームの頃にゴルフをしていたのが、貴族や富裕層で、中でも特に中年以上の方が多かったため、「金持ちのやるスポーツ」、「おっさんの道楽」という変なイメージが付いた事と、バブル時期にはゴルフ接待が多用されたことも引き金となり、「金が掛かる」、「成金趣味」、「ヤクザが多い」などという負のイメージもあるようで、若者の間にはまだまだスポーツとして認知されていない傾向にある。

しかし、TVゲームのゴルフゲームにはヒット商品が数多くあり、ゴルフマンガも「プロゴルファー猿」や、「明日天気になぁれを」など人気のあるマンガもあります。日曜日の昼間、自宅でゴルフのTV中継を見ていた父親の影響を、知らず知らずのうちに受けていたのか、潜在的にゴルフをやりたいと思っている子供や若者は多いように思われます。

ゴルフは、凝れば凝るほど奥が深い要素が満載で、別名「人生を思わせるゲーム」「人生を狂わせるゲーム」として知られている。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.